• トップ

矯正歯科でかかる検査などの費用

矯正歯科で歯列矯正の治療を受ける際には、必ず検査をする必要があります。検査の内容は、口腔内が歯列矯正をできる状態か、またどのような治療が患者にとってベストなのかを見極める内容などです。また、レントゲンなどで虫歯がないかの検査も矯正歯科で受けます。これは、歯列矯正の治療中は虫歯の治療が困難になる場合があるからです。加えてワイヤーなどの器具によって歯のブラッシングがしにくくなり、虫歯の進行を早めてしまう可能性があるからです。矯正歯科の検査により、ベストな状態で矯正治療を受けることができるのです。歯列矯正は高額な費用がかかるイメージの方も多いでしょう。これに加えて検査代もかかるのでは、と不安に思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの矯正歯科では矯正治療代に含まれていることが多いです。また、これらの費用は医療費控除の申請をすることによって、所得に応じて還付されます。高額の費用のイメージがある歯列矯正ですが、一生ものの綺麗な歯を手に入れることを考えるとそう高くはないかもしれません。また、歯並びが綺麗になると、見た目が良くなるだけではなく、歯磨きもしやすくなるため虫歯のリスクも減り綺麗な歯を保つことができます。

↑PAGE TOP